ジエダ、2019-20年秋冬コレクション発表

2019年3月27日 11:41

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ジエダ(JieDa)は2019-20年秋冬コレクションのランウェイショーを2019年3月23日(土)に渋谷ヒカリエで開催した。

■テーマは「レイブカルチャー」

 コレクションの起点は「レイブカルチャー」。特に、90年代後半から2000年代にかけて流行したカルチャーにフォーカスし、デザイナーの藤田宏行ならではのアイデアで、文化の垣根を超えミックスしてアレンジする。

 タイダイ柄のビッグフーディ、ツヤのあるエナメルパンツ、総柄のフリースジャケットなどパンチあるピースが並ぶ。肩を並べるのは、ダブルのジャケット、ロングシャツといったオーセンティックなピースたちだ。カテゴライズは要らない、バッグにある時代背景や文化などにもとらわれずに“かっこよさ”だけを突き詰めて様々な要素をかけ合わせていく。

■前後/左右で非対称「二面性」を持つウェア

 「二面性をもたせなかった」デザイナーの藤田が放った言葉は、左右・前後非対称なアイテムが物語る。トレンチコートやテーラードジャケットは、身頃半分がプレーンな生地で、もう一方はストライプやチェック柄になっている。

 デニムパンツは濃淡異なる生地をパッチワーク。前後で繋ぐ位置も変えることで、ショートパンツのようでクロップドパンツのような、だまし絵のような仕上がりに。チェックシャツは色、模様違いのチェック生地をランダムに組み合わせて仕上げてた。

 デニムジャケットは前からみるとスタンダードなのに、後ろから見るとケープのようなフォルムに。バックスタイル中央でカットしふわりと広げた。よくみると袖口もカットされて、前後で丈の長さが違っている。

■“着れる”ポーチ

 ポイントになっているのは、着用できるスポーティーポーチ。“鞄を持たない、荷物の少ない”男性たちにぴったりなアイデアピースだ。クロスストラップを付けてベスト風にアレンジしたり、スウェットトップスに胸ポケットのようにあしらったり。ストリートでいま人気のウエストポーチタイプも登場していた。

 足元には、ネオンカラーのスニーカーをチョイス。装いに合わせて、左右で色の配色を変えたユニークなデザインもあった。コラボレーションも満載、ディッキーズ(Dickies)、エレッセ(ellesse)、フルーツオブザルーム(FRUIT OF THE LOOM)とタッグを組んだピースも交えた。

■「平成最後のトウコレ」でチャーミングに閉幕

 ショーのラストには、デザイナー藤田が登場。観客席を見つめた後にはチャーミングなパフォーマンスが…纏っていたジャケットの背中には「平成最後の東京コレクション」の文字が刻まれている。ショーの終わりには「僕らしいユニークさを入れたかった」と、このメッセージに込めた思いを話していた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション渋谷ヒカリエフルーツオブザルーム2019年秋冬コレクション

関連記事

広告

財経アクセスランキング