ファミマ、「冷やし中華」3品発売 麺の形状変更でつるみをアップ

2019年3月27日 12:09

小

中

大

印刷

「炙り焼チャーシューの冷し中華」(写真:ファミリーマートの発表資料より)

「炙り焼チャーシューの冷し中華」(写真:ファミリーマートの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「具だくさんミニ冷し中華」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「濃厚ごまだれ冷し中華」(写真:ファミリーマートの発表資料より)

■「冷やし中華」3品販売開始

 ファミリーマートは26日より、温かくなる季節に合わせ、麺の“つるみ”をアップさせ、国産小麦を使った三層麺の「冷やし中華」3品の販売を開始した。価格は、350円~480円(いずれも税込)。

【こちらも】ファミリーマート、スマホ決済「ファミペイ」を7月から導入へ

■商品ラインナップ

 ・「炙り焼チャーシュー冷やし中華」:480円
 こだわった国産小麦の三層麺に、酢と酸味のあるレモン果汁が特長のスープを合わせ、ぴりっとするからしを添付している。具材は、麺の上にチャーシューや、もやしときくらげ、きゅうり、錦糸たまご、紅しょうがと、中央に半分に切ったゆでたまごを置いた。

 ・「具だくさんミニ冷やし中華」:350円
 こだわりの三層麺に、さっぱりとしたレモン果汁のスープを合わせ、こちらも別途にからしを付けた。具材は、チャーシュー、もやしきくらげ、きゅうり、錦糸たまご、紅しょうがを置いた。

 ・「濃厚ごまだれ冷やし中華」:480円
 三層麺に、焙煎や挽き方にこだわった濃いごまを使ったたれのスープを合わせた。具材には、蒸し鶏、きゅうり、わかめ、錦糸たまご、紅しょうがを置き、トッピングは半分のゆでたまごを配置して仕上げた。

■3つのこだわり

 今年のファミマの「冷やし中華」は、もちもちとした麺の上下をつるみのある麺で包んだ三層麺の形状を変更し、外側の麺で内側を包み込むことでつるみをアップさせた。スープも味わい深く、りんご果汁を加えて清涼感をアップさせ、具材のチャーシューは直火で炙った風味のよい豚バラ肉や、彩りよい錦糸たまごを使いこだわっている。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードファミリーマート

広告

写真で見るニュース

  • 宇宙膨張率を示すハッブル定数の導出に用いられた複数の銀河。丸が赤色巨星 (c) NASA, ESA, and W. Freedman (University of Chicago), ESO, and the Digitized Sky Survey
  • 客室乗務員の新制服(画像: 日本航空の発表資料より)
  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース