メアグラーティア、2019年秋冬コレクション発表

2019年3月26日 12:00

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 メアグラーティア(meagratia)の2019年秋冬コレクションが、2019年3月22日(金)に発表された。

■美しい花々に魅せられて

 今季も昨シーズンに引き続き、デザイナー・関根隆文の心を突き動かしたのは美しい花々のようだ。会場の中心には奥底から湧き上がる強さを感じさせる木々が生い茂り、その周りを囲むようにして花々が咲き乱れている。モデルたちが纏う洋服にも、ダブルブレストのコートを筆頭に、ロングシャツやパンツなど様々なアイテムに鮮やかなフラワーパターンが落とし込まれた。

■自由なスピリットで

 シーズンテーマは「ABREACTION」。"解放反応"という意味を持つこの言葉が示す通り、今季のクリエーションには、これまでメアグラーティアが築き上げてきた秋冬コレクションと比較すると、何かから解き放たれたような自由な空気が流れている。湧き上がる情動に素直に向き合い、新境地へと進んでいるかのようだ。

 自由なムードを創造するのに一役買っているのは、グラフィカルなプリントを配したフーディーやデニムジャケット、複数のポケットが付いた機能的なベスト、デッキパーカーといったストリート風のウェア。さらに、スポーティーなサコッシュやチェストガードを彷彿とさせるクロスボディアイテム、カジュアルなベルトといった小物類が、アクティブなムードを加速させる。

 ブランドの秋冬シーズンを代表するセットアップも、いつもより自由な精神で仕立てられていて、細い布地をストライプ状に貼り合わせたような斬新なテキスタイルが起用された。

■温かみのあるムードは健在

 新鮮さはありつつ、メアグラーティアらしい温もりやクラフト感も残っており、それはミリタリージャケットに軽やかなロングシャツを繋ぎ合わせたアイテムや、裾から切れ端がぶら下がっているようなアウターから感じられる。カラーはカーキやバーガンディなどニュアンスのある秋冬らしいダークカラーが主流で、そこに温かみのあるオレンジやイエローといった花々を咲かせた。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードメアグラーティア(meagratia)2019年秋冬コレクション