Microsoft、エンドポイントセキュリティソリューションをMacにも提供へ

2019年3月24日 23:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは21日、同社のエンドポイントセキュリティソリューションをMacコンピューター向けにも提供することを発表した(Microsoft Tech Communityの記事Neowinの記事Softpediaの記事The Registerの記事)。

MicrosoftではWindows Defender Advanced Threat Protection(ATP)を使用する顧客がWindows以外のデバイスも一括して保護できるよう、パートナー企業と作業を進めてきたという。Mac向けの提供を開始するにあたり、Windows Defender ATPはMicrosoft Defender ATPに改称された。

Mac版のMicrosoft Defender ATPは顧客がWindows 10で使用しているのと同様の操作が可能なユーザーインターフェイスを持ち、macOS Mojave/High Sierra/Sierraで実行できるとのこと。現在、Microsoft Defender ATPの顧客限定でプレビュープログラム参加を受け付けている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | マイクロソフト | MacOSX

 関連ストーリー:
Microsoft、無害なファイルがマルウェアと誤検知されるのを避けるための対策を紹介 2018年08月22日
MicrosoftがWindows 10の利用統計情報をFireEyeに提供するとの報道、Microsoftは否定 2016年11月27日
Microsoft、パッチ公開前にWindowsのゼロデイ脆弱性を公表したGoogleを批判 2016年11月03日
Windows 10ではホームユーザーへの月例更新が廃止され、更新プログラムは随時配布に 2015年05月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Mac