Google、欧州のAndroidユーザーにブラウザや検索エンジンの選択肢提示へ

2019年3月23日 21:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Googleは19日、欧州のAndroidユーザーにChrome/Google検索以外にもWebブラウザー/検索エンジンの選択肢があることを通知する計画を発表した(The Keywordの記事The Vergeの記事9to5Googleの記事Android Policeの記事)。

Googleは昨年、Googleアプリの提供条件がEUの独占禁止法に違反しているとして欧州委員会から巨額の制裁金支払いを命じられたことを受け、Android端末メーカーへのGoogleアプリ提供条件に有料オプションの追加などを行っている。今回の計画はそれをさらに進めるもので、Androidが競争を促進しているとするGoogleの以前からの主張を強調する狙いがあるとみられる。

実施時期は今後数か月の間にとのみ述べられており、具体的な表示内容については明らかにされていないが、既存・新規を問わず欧州のAndroidユーザーに対し、幅広いWebブラウザーや検索エンジンアプリがダウンロード可能であることを知らせ、ユーザーの選択を促すものになるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Opera | Google | EU | IT | Android | Chrome | インターネットエクスプローラ | Firefox

 関連ストーリー:
Chrome 73で「既定の検索エンジン」リストにDuckDuckGoが加わる 2019年03月18日
Google、AndroidのプリインストールアプリをGoogleアカウントなしでも自動更新する計画 2019年02月20日
Google、Android端末メーカーへのアプリ有料提供など、欧州での新ライセンスオプションを発表 2018年10月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidChrome欧州委員会独占禁止法

広告