キリンビバレッジ、国内最軽量ペットボトルのさらなる軽量化に成功

2019年3月23日 00:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 キリンビバレッジが、国内最軽量の2Lペットボトルを開発したと発表している

 キャップをはめるネジ部分の改良によって軽量化に成功したとのこと。これまでの国内最軽量2Lペットボトルの重量は28.9gだったが、0.6gの軽量化に成功、28.3gになったという。これによって年間約107トンのペット樹脂と約375トンの二酸化炭素排出量削減が可能となるそうだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
100%植物由来エチレンで製造したPETボトルキャップ 2019年03月05日
ネスレ、プラスチック製ストローの全廃などプラスチック廃棄物への取り組みを加速 2019年01月25日
PETボトルを素材に構造物を設計できる3DCADツール 2017年05月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキリンビバレッジ

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース