(中国)上海総合指数は0.11%高でスタート、米金利低下などを好感

2019年3月21日 10:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:54JST (中国)上海総合指数は0.11%高でスタート、米金利低下などを好感
21日の上海総合指数は買い先行。前日比0.11%高の3094.13ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時48分現在、0.19%高の3096.45ptで推移している。米金利低下を受け、中国など新興国からの資金流出懸念がやや後退している。また、大型減税など景気テコ入れ策の実施方針も引き続き支援材料。一方、米中通商協議の不透明感が指数の上値を押さえている。《AN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
 

広告

ピックアップ 注目ニュース