ライフ RSS

 

副業こそ本当にやりたいことを選択せよ

2019年3月20日 09:07

小

中

大

印刷

 インターネットなどで副業を検索していると、短時間で効率よく稼げるなどといった文言が目立つ。しかし実際には、短時間で効率よく稼ぐには程遠い仕事がほとんどだろう。それでも副業を目指す人が多い。なぜかというと、副業こそ本当にやりたかったことをかなえるチャンスだからだ。

【こちらも】キャリアの「ハシゴ」として副業を利用するという発想

 本業を選ぶときの基準となるのは、安定した収入という人が多いだろう。生活のため、家族を養うため、老後に不安を残さないために安定した仕事に就く。こういった考えが日本の終身雇用制度を支え、日本を強くしてきた。しかしそれが本当にしたい仕事なのだろうかと考えたとき、首をひねってしまうのではないだろうか。

 外国語やスポーツを教えたかったけれど、それだけでは食べていけないと感じた人もいるだろう。デザインの仕事がしたかったけれど、収入に結びつかないといった理由であきらめた人もいる。そういった人が、もう一度挑戦できる場が副業であり、副業によって本当にしたかった仕事が手に入れられる。言い換えると、しっかりとした本業があるからこそ、副業で人生に楽しみが見いだせるのだ。

 副業は楽しみだけではなく、新たな収入源という点も忘れてはいけない。自分の時間を使って働くのであるから、きちんとした対価を手に入れたいと考えるのがもっともだろう。さらに副業でもしっかり稼ぐことができたなら、その副業がいつか本業を飛び越えることもあるのだ。そうして夢をつかめるチャンスが副業にはある。副業だからといって、目先の収入だけにとらわれていたのでは、人生は輝かない。

 副業を考えるのであれば、自分が本当にやりたかったことにフォーカスしてほしい。これまで本業で活かした経験が、副業を成功に導く可能性もある。今だからこそ挑戦し、今だからこそ成功できることはあるのだ。

 政府による副業の推進によって、副業が公に認められるようになった。これを、心の中に抱えてきた夢をかなえるチャンスだととらえよう。SNSの発展によって、誰でも稼げる世の中になりつつあることも追い風になるだろう。お金をかける必要はなく、一歩踏み出してみることで、副業の可能性は広がるだろう。

関連キーワード副業

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース