19日の香港市場概況:ハンセン0.2%高で4日続伸、業績成長で買い安心感

2019年3月19日 18:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:00JST 19日の香港市場概況:ハンセン0.2%高で4日続伸、業績成長で買い安心感
19日の香港市場は小幅に値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比57.27ポイント(0.19%)高の29466.28ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が11.83ポイント(0.10%)高の11686.66ポイントとそろって4日続伸した。ハンセンは約9カ月ぶりの高値水準を切り上げている。売買代金は993億2800万香港ドルにやや縮小した(18日は1168億9100万香港ドル)。

企業業績の改善が好感された。香港で主要企業の決算報告が本格化するなか、増益や黒字転換を明らかにする企業が相次いでいる。戻り待ちの売り圧力を意識し、指数はマイナス圏で推移する場面がみられたものの、引けにかけて再び買いの勢いが増した。

ハンセン指数の構成銘柄では、ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が5.5%高、バイオ製薬・中医薬メーカーの中国生物製薬(1177/HK)が5.1%高、医薬品メーカーの石薬集団(1093/HK)が3.3%高、不動産デベロッパーの碧桂園HD(2007/HK)が2.9%高と上げが目立った。万洲国際に関しては、足元の豚肉値上がりで業績が上向くとの期待感が強まっている。石薬集団と碧桂園は、通期業績の増益が引き続き材料視された。

このほか、増益決算を発表した銘柄では、心臓・脳血管薬で国内最大手の四環医薬HD集団(460/HK)が10.5%高、電子書籍ストア運営の閲文集団(772/HK)が8.3%高、有料道路運営の浙江滬杭甬高速公路(浙江高速道路:576/HK)が7.1%高、発電設備メーカーの東方電気(1072/HK)が2.5%高と上昇した。通信キャリア大手の中国電信(728/HK)は1.6%高。昼に公表した決算の内容が好感された。

原子力発電の関連銘柄も軒並み高。中広核鉱業(1164/HK)が13.4%、中国広核電力(1816/HK)が3.2%、中国広核新能源HD(1811/HK)が1.6%ずつ値を上げた。中国では約3年ぶりに、原子力発電所の建設プロジェクトが着工許可される見通し。巨額投資による景気の浮揚、国家エネルギー安全保障の強化が狙いとみられる。中国政府は「原子力発電中長期発展計画」を策定済み。原子力プラントの稼働総容量を2020年に5800万キロワットにまで高める計画で、目標をクリアするために必要な投資額は総額6000億人民元(約9兆9600億円)に上ると試算された。

半面、金融セクターの一角は売られる。第一上海投資(227/HK)が3.0%安、申万宏源(218/HK)が2.2%安、海通証券(6837/HK)が1.3%安、招商銀行(3968/HK)が1.2%安で引けた。

一方、本土市場は3日ぶり反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.18%安の3090.98ポイントで取引を終えた。消費関連株が安い。資源・素材株、医薬品株、不動産株、インフラ建設関連株、銀行・証券株なども売られた。半面、原発関連株は急伸。ハイテク株、保険株の一角も買われた。

【亜州IR】《FA》

広告

財経アクセスランキング