日経平均テクニカル:続伸、十字線とボリンジャーがもみ合い離脱示唆

2019年3月18日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:続伸、十字線とボリンジャーがもみ合い離脱示唆
18日の日経平均は続伸した。ザラ場高値と終値がそれぞれ先週高値を上回ったほか、先週に上値抵抗線となった26週線を割り込むことなく推移した。ローソク足は寄り値と引け値が接近して上下それぞれにヒゲを出す十字線を示現。21500円絡みでのもみ合い圏離脱を示唆。5日線と25日線が先週末15日に短期ゴールデンクロスを形成した直後だけに、上放れが期待される。一目均衡表では、転換線は下降したが、遅行線は株価との上方乖離幅を広げて強気シグナルを増大した。ボリンジャーバンド(25日ベース)では、中心線を上回って推移した。-2σから+2σまでの各線が中心線に向かう5本線収束を形成しており、ローソク足の十字線と同様に今後のボックス離脱を示唆している。RSIは48.42%から52.70%と小幅上昇にとどまっており、過熱感なく日経平均が続伸したことを示している。《FA》

広告

財経アクセスランキング