NEC、クレカと顔画像を紐付け 顔認証によるキャッシュレス決済の実証試験

2019年3月18日 16:39

小

中

大

印刷

顔認証決済のイメージ(画像: NEC発表使用より)

顔認証決済のイメージ(画像: NEC発表使用より) [写真拡大]

写真の拡大

 NECは、クレジットカードに事前登録した顔画像情報を利用することで、手ぶらでキャッシュレス決済ができる顔認証決済サービスの実証実験を、3月18日から4月19日まで行う。実証試験は、NECの福利厚生施設であるNEC芝倶楽部で、同社のグループ社員を対象に実施される。

【こちらも】ラーメン凪、AI活用の「顔認証システム」導入 キャッシュレス決済可能に

 実証試験では、カメラ機能を搭載するスマートフォン、PCなどを利用して撮影された利用対象者の顔情報を、システム上でクレジットカードに紐づけしておく。その上で、NEC芝倶楽部での飲食代金支払いを、レジカウンターのカメラで利用者の顔を撮影、認証するだけで、決済できるようにする。クレジットカードは、VISAとマスターカードが利用でき、顔認証決済サービス利用時には、クレジットカードを提示する必要もなく、手早く、安全に決済を完了することができる。

 顔認証には、NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を用いる。NeoFaceは、2017年に米国国立標準技術研究所が行った動画顔認証技術のベンチマークテストで、世界一の認証精度となる99.2%を獲得している。静止画顔認証テストでも世界一の精度を獲得し、静止画、動画とあわせて4回連続で世界一の精度を示している。この顔認証技術は、すでに空港等での出入国管理から企業での建物入退室管理、個人のPCアクセス管理など、世界中で採用され、多方面のセキュリティー管理に貢献している。

 NECでは、これまで、クレジットカードや、交通系電子マネー、流通系電子マネーなど複数の電子マネー事業者の決済を、NECデータセンターを中継することで、一括して行う決済ソリューション「マルチサービスゲートウェイ」を提供している。今回の実証試験は、マルチサービスゲートウェイのオプション機能として、顔認証決済サービスを提供することを想定したもの。2019年中には、顔認証決済サービスの提供開始を予定している。

関連キーワードクレジットカードNECキャッシュレス決済