ライフ RSS

 

クラウドソーシングの副業は学歴や国籍さえも飛び越える可能性を秘めている

2019年3月18日 16:28

小

中

大

印刷

 足りない生活費を補うためや生活を少し豊かにするために副業を持つ人は少なくない。政府も少しでも税金を増やすために副業を推進している。ただクラウドソーシングでの副業は、思いのほか実力主義であり、その仕事にむいていない人は副業では稼げない。たとえ、どれだけ輝かしいバックグラウンドがあってもだ。

【こちらも】副業解禁に波に乗ろう 簡単に始められる副業とは

 クラウドソーシングで副業をしてみて気づいたことのひとつに、仕事を始めるにあたり学歴を問われたことがない、ことがある。ライティングであれば、テストライティングによって実力が試される。プログラミングでもテストプログラミングが課せられ、デザインはコンペ形式が多い。クラウドソーシングでの副業に必要なものは、学歴ではなく実力だ。

 驚くことに、クラウドソーシングではハンドルネームだけで仕事がもらえる。クライアントは自分の本名だけでなく性別すら知らないことも多く、国籍についても問われることがないだろう。実際にクライアントに会うことも少ないため、自分の容姿すら採用を左右しない。クライアントの求めるものが提出できて初めて評価される。

 これまで学歴や国籍で仕事のチャンスを失ってきた人は多いだろう。不本意だと嘆いても、仕方のないことだとあきらめてきた人は数知れない。学歴や国籍といったバックグラウンドで可能性を摘まれてきた人は、クラウドソーシングで副業を始めてみるのがいいだろう。実力主義のクラウドソーシングでは、大卒や高卒、中卒だって関係なく、外国人や同性愛者も等しく評価されるのだ。

 実際には実力だけではないだろう。クライアントとの対応や、仕事への熱意なども買われている。どんな人と共に働きたいのかが、学歴や国籍を飛び越えた枠で評価される世界だ。ただ、それなりに厳しくもある。

 クラウドソーシングの副業は実力がなければお金はもらえない。しかし評価されることが楽しくて仕方ない毎日もやってくる。学歴や国籍も飛び越えられる副業を手に入れると、副業が本業を飛び越える日もいつかくるのかもしれない。副業によって、人生のチャンスが得られることもあるだろう。

関連キーワード副業クラウドソーシング

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース