デビュー1周年のジャガー「E-PACE」、初の特別仕様車「E-PACE CONNECTED」

2019年3月17日 21:48

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ジャガー「E-PACE」にAI学習機能を備えた「スマートセッティング」や4G通信可能な「Wi-Fiホットスポット」など先進のコネクティビティ機能を標準装備した特別仕様車「E-PACE CONNECTED」

ジャガー「E-PACE」にAI学習機能を備えた「スマートセッティング」や4G通信可能な「Wi-Fiホットスポット」など先進のコネクティビティ機能を標準装備した特別仕様車「E-PACE CONNECTED」[写真拡大]

写真の拡大

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクトクロスオーバーSUV「E-PACE」のデビュー1周年を記念して特別仕様車「E-PACE CONNECTED(Eペイス・コネクテッド)」を、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始した。特別仕様車は限定100台である。

【こちらも】ジャガー・ジャパン、コンパクトSUV「E-PACE」2019年モデルの受注開始

 発売する「E-PACE CONNECTED」は、ピュア・スポーツカー「F-TYPE」からインスピレーションを得たデザイン、そしてSUVならではの広々とした室内空間と実用性を兼ね備えたモデル。これに、AI学習機能を備えた「スマートセッティング」や4G通信可能な「Wi-Fiホットスポット」など先進のコネクティビティ機能を標準装備した特別仕様車だ。

 搭載した「スマートセッティング」は、人工知能(AI)アルゴリズムを備え、リモートキーとスマートフォンのBluetoothを介して車両がドライバーを識別し、ドライバーの好みに応じて、温度設定やインフォテインメント機能を自動調整する。また、快適にインターネットへ接続できる4Gの「Wi-Fiホットスポット」、高画質の2D/3Dマップを表示して快適な移動をアシストする「ナビゲーションプロ」など、利便性、快適性を高める機能を多数装備している。加えて、ブラインドスポットアシストやアダプティブクルーズコントロールなどのドライバーの安全運転支援システムも充実させた。

 搭載エンジンは2種。ひとつは2リッター直列4気筒INGENIUMガソリンで、その最高出力は147kW(200ps)、最大トルクは320Nm。もうひとつのユニットは、2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルで、最高出力132kW(180ps)、最大トルク430Nmとなる。

 エクステリアカラーはフジホワイト、ナルヴィックブラック、インダスシルバー、ボラスコグレイ、シージアムブルー、フィレンツェレッドの6色を用意している。価格はボディ色で異なり、ソリッドカラー車が477.0万円、メタリック塗装車が486.0万円となる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ホンダ、英国のEU離脱を巡り英国撤退を決定。英南部のスウィンドン工場閉鎖
ランドローバー、運転支援システムを装備した特別限定車「ディスカバリースポーツ」発売
英国、EUからの「合意なき離脱」で揺れる欧州自動車、日産は英国生産撤退を表明
独VWと米フォードが世界規模で提携、世界販売1700万台のアライアンス誕生
ジャガー・ジャパン、コンパクトSUV「E-PACE」2019年モデルの受注開始

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード特別仕様車SUV人工知能(AI)ジャガー

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース