ゴンチャ、甘酸っぱい“苺ソース”入り「ストロベリー ミルクティー」限定発売

2019年3月15日 14:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 台湾ティーカフェ「ゴンチャ(Gong cha=貢茶)」は、苺を使用した季節限定メニュー「ストロベリー ブラックティー エード」と「ストロベリー ミルクティー」を、2019年3月20日(水)から5月中旬まで販売する。

 「ゴンチャ」は、台湾ティーをベースにパール(タピオカ)を追加したり、甘さ・氷の量の調節など、自分好みの味にカスタマイズできる人気のティーカフェ。そんな「ゴンチャ」の季節限定メニューには、旬ならではの甘酸っぱい苺を味わえるドリンクがラインナップする。

 「ストロベリー ブラックティー エード」は、ブラックティーに果肉入りストロベリーソースを合わせた、すっきりとした味わいのフルーツティー。トッピングには、ツブツブとした食感が楽しい「バジルシード」を選ぶのがオススメだ。

 また「ストロベリー ミルクティー」は、香り高いブラックティーにリッチなストロベリーソースを加えた、まろやかな風味のミルクティー。パール(タピオカ)をトッピングすることで、優しい甘みが増し、より風味豊かな味わいを楽しむことが出来る。

 なお、人気のトッピングメニュー「ミルクフォーム」から、期間限定“苺”フレーバー「ストロベリー ミルクフォーム」も登場。ストロベリーソースを加えて仕上げたミルクフォームは、滑らかなくちどけと華やかな⾹りが魅力だ。

【詳細】
台湾ティーカフェ「ゴンチャ(Gong cha)」期間限定ドリンク
期間:2019年3月20日(水)~5月中旬
・ストロベリー ブラックティー エード Mサイズ 470円+税
・ストロベリー ミルクティー Mサイズ 470円+税
・ストロベリー ミルクフォーム 70円+税
取扱店舗:ゴンチャ全店

 ※アイスのみの提供
※販売終了日は予定
※様々なドリンクをベースに、⼀杯につき3種類まで好みのトッピングを選択可能

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
  • HD140283 (c) Digitized Sky Survey (DSS), STScI/AURA, Palomar/Caltech, and UKSTU/AAO
  • (c) 123rf
  • 使用イメージ。(画像: サンワサプライの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース