直行直帰の移動時間、労災認定では労働時間に含まれないとの判断

2019年3月14日 13:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 自宅から直接取引先に出向いていた営業担当社員(当時26歳)が心臓疾患で死亡したのは過労が原因だとして遺族らが労災を申請していた事案で、労働基準監督署は「直行直帰の際の車の運転は労働時間に当たらない」として労災申請を却下したという(NHK)。

 この社員は東北から東海まで12の県の取引先を回っていたとのことで、1日10時間の運転を行っていたこともあったという。

 当時55歳の男性が脳疾患で死亡した別の事案についても、運転や接待といった会社外での業務は労働時間外とされ労災が認められなかったとのこと。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
三菱電機、2014年からの4年間で5人の労災認定、長時間労働が原因 2018年09月28日
裁量労働制が適用されていたシステムエンジニアが過労死、長時間労働が原因か 2018年05月18日
政府が検討している「年間720時間」の残業規制、休日出勤は含まれず 2017年03月21日
弁護士設計のスマホアプリ「残業証拠レコーダー」登場、GPS情報を証拠としてサーバーに記録 2016年05月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース