【銘柄フラッシュ】Nutsなど急伸し多木化学もバイオ株人気に乗り活況高

2019年3月14日 07:13

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 3月13日は、日亜鋼業<5658>(東1)が15.1%高となり東証1部の値上がり率トップ。「建設用ボルト不足、「工期に影響」8割超、五輪など影響」(NHKニュースWEB3月12日20時31分)と伝えられたことが材料視されたようで、後場寄り後には一時20.5%高まで急伸。

 TATERU(タテル)<1435>(東1)は14.7%高となり、アパート経営支援サービスなどを行うため、レオパレス21<8841>(東1)の問題を受けて「漁夫の利」的に需要が増えるのではといった思惑が波及したとの見方。

 多木化学<4025>(東1)は10.7%高となり、大阪大学と共同研究する「自律拍動するiPS細胞由来心筋シート」を日本再生医療学会・総会(3月21日から23日)で発表との開示が注目され、このところのバイオ株相場に乗る。

 DNAチップ研究所<2397>(東2)は9.7%高となって3日続けて出直りを継続。「遺伝性リスク、事前に把握、乳・卵巣がん発症予防へ、検査利用進む――新薬と併せて保険適用」(日本経済新聞3月11日付朝刊)との記事などが材料視されたとの見方が。サンコーテクノ<3435>(東2)は8.4%高となり、前出・日亜鋼業の「建設用ボルト不足」に加え、アルコール検知器の旅客機や客船への拡大機運が本格化してきたことも言われて急伸。

 オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は米国癌学会議での発表内容などの開示が注目されて一時ストップ高の700円高(19.1%高)まで上げ大引けも16.5%高。Delta-FlyPharma(デルタフライ・ファーマ)<4598>(東マ)は米国で実施中の新薬候補の第3相臨床試験への期待や大株主の異動による思惑買いが言われて8.9%高と連日大幅続伸。

 Nuts<7612>(JQS)は会員制医療施設の開設や運営に関するコンサルタント事業を第4四半期(1~3月)から開始とされ、チャートも2月の急伸に続く騰勢第2波をイメージさせるとされて後場、遂にストップ高の29.4%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース