NVIDIA、3D Visionのサポートを終了へ

2019年3月13日 23:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2019年4月リリース予定のNVIDIAの「GeForce」GPU向けドライバで、3D立体視技術「3D Vision」のサポートが終了となる(PC Watch)。

 GeForce 3D Visionは2009年に発表された3Dメガネデバイス。表示フレームに応じて左右のレンズの「シャッター」を交互に閉じることで、左右の目に異なる映像を見せて立体視させる「アクティブシャッター」方式を採用しており、対応ディスプレイと組み合わせて3D映像を楽しむことができた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ハードウェア | グラフィック | IT

 関連ストーリー:
3Dテレビ、ついに対応製品が市場から消える 2017年01月27日
MITが専用メガネ不要で裸眼立体視による3D映像視聴を可能にする技術を開発 2016年07月28日
NTT、スポーツ競技を疑似3Dでリアルタイム中継可能にする技術を開発 2016年02月20日
iPhoneで3D動画を閲覧できる3Dビューワー 2013年02月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNVIDIA

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース