国連の民間航空機関、サイバー攻撃被害を隠蔽

2019年3月12日 13:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 2016年11月に国連・国際民間航空機関(ICAO)のサーバーがサイバー攻撃を受けて乗っ取られ、数か月の間、政府や航空会社のコンピューターにマルウェアを拡散させていたことが分かった(AFPサイバーセキュリティ.com)。

 この問題をロッキード・マーチンが発見し警告したものの、ICAOは対応を行わず、その結果航空業界全体にマルウェアが拡散したという。

 ラジオ・カナダが入手した内部文書によると、この件においては対応の遅れや妨害、過失、スタッフによる隠蔽工作といった対応不備もあったという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
マカフィーが2018年10大セキュリティ事件を発表 2018年12月13日
StatCounterへのサイバー攻撃でビットコインを盗むコードが暗号通貨取引サイトに埋め込まれる 2018年11月10日
米司法省、中国情報機関高官らを起訴。航空機エンジン情報狙ったサイバー攻撃などで 2018年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアセキュリティサイバー攻撃

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース