国連の民間航空機関、サイバー攻撃被害を隠蔽

2019年3月12日 13:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 2016年11月に国連・国際民間航空機関(ICAO)のサーバーがサイバー攻撃を受けて乗っ取られ、数か月の間、政府や航空会社のコンピューターにマルウェアを拡散させていたことが分かった(AFPサイバーセキュリティ.com)。

 この問題をロッキード・マーチンが発見し警告したものの、ICAOは対応を行わず、その結果航空業界全体にマルウェアが拡散したという。

 ラジオ・カナダが入手した内部文書によると、この件においては対応の遅れや妨害、過失、スタッフによる隠蔽工作といった対応不備もあったという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ

 関連ストーリー:
マカフィーが2018年10大セキュリティ事件を発表 2018年12月13日
StatCounterへのサイバー攻撃でビットコインを盗むコードが暗号通貨取引サイトに埋め込まれる 2018年11月10日
米司法省、中国情報機関高官らを起訴。航空機エンジン情報狙ったサイバー攻撃などで 2018年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアセキュリティサイバー攻撃

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース