九州電力、原発の安定稼働を理由に電気料金を値下げへ

2019年3月1日 23:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 九州電力が4月1日からの電気料金の値下げを発表した。低圧電力を利用している一般家庭などの場合、1%程度の値下げになるという(九州電力の発表西日本新聞産経新聞電気新聞日経新聞)。

 九州電力は東日本大震災後の原子力発電所停止を理由に値上げを行なっていたが、昨年6月までに同社の原子力発電所4基はすべて再稼働している。これによって火力燃料費が削減されたことから、それを反映した値下げだという。また、いわゆる「新電力」との競争も背景にあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
九州電力、太陽光だけでなく風力発電も対象に出力抑制を実施 2018年11月06日
太陽光発電量が増えても既存の発電所を止められない理由 2018年10月24日
九州電力管内、電力需要減少で太陽光発電などに対し出力制御を求める可能性 2018年10月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード原子力発電所九州電力

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ホンダ「S2000」純正バーツ装着イメージ。(画像: ホンダアクセスの発表資料より)
  • 新型アコード。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 「2020 トップセーフティピック+」という最高の安全評価を受けた北米マツダのCX-5(画像: マツダUSA発表資料より)
  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース