ローソン、広島の老舗「八天堂」とのコラボ商品など春スイーツ13品発売

2019年2月26日 09:42

小

中

大

印刷

「桜餅(こしあん)」(写真:ローソンの発表資料より)

「桜餅(こしあん)」(写真:ローソンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「Uchi Café×八天堂 かすたーど苺ロールケーキ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「Uchi Café×八天堂 かすたーど苺大福」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「濃苺(こいちご)モンブラン」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「MACHI café 桜ゼリーラテ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「八天堂監修 かすたーど苺」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「スプーンで食べる春薫る桜生どら焼」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「春薫る桜和ぱふぇ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「春薫る桜シュークリーム」(写真:ローソンの発表資料より)

■“春”を味わえる商品発売

 ローソンは26日より、味や見た目が華やかで“春”を感じられる、桜の葉や花びら、よもぎなど春らしい素材を使ったスイーツやパンなど、合計13品を発売する。広島の老舗和菓子屋「八天堂」とコラボした、人気のカスタードとクリームぱんをイメージした苺スイーツなど、4品が登場する。1個125円~350円(価格はいずれも税込)。

【こちらも】ロッテリア、「春のスイーツ」5品発売 雪見だいふく使ったシェーキなど

■商品ラインナップ

 ・2月26日より発売
 「スプーンで食べる春薫る桜生どら焼」:270円
 2段に重ねた“生どら焼き”に、北海道産小豆を使った粒あんと桜クリームを挟んだスプーンで食べるデザート。

 「春薫る桜和ぱふぇ」:285円
 桜と合う苦味の抹茶ムースに、桜の葉から抜き出した桜葉エキスを練り入れた桜飴のパフェ。トッピングには、関西・上方風の桜餅「道明寺」や、生クリーム、塩漬けした桜の花びら置いた。

 「春薫る桜シュークリーム」:180円
 桜の香りや味が楽しめるピンク色の桜クリームが入ったシュークリーム。シュー生地の中に、桜葉エキスを使った桜クリームと桜もち風もちソースを入れ、上面に桜色のグレーズをかけて仕上げた。

 「桜餅(さくらもち)」:150円
 餅生地は、桜葉の漬け汁で味をつけ、甘い北海道産小豆を使ったこしあんを包み、桜の葉で包んだ定番の桜餅。

 「桜と大豆のよもぎ蒸しぱん 2個入」:125円
 よもぎ味と桜花の塩味、甘納豆の甘みとの相性がよい、もちっとした食感のピンク色蒸しぱん。生地は宮城県産よもぎを練り込み、北海道産小豆の甘納豆と桜花の塩漬けを上に置いた。

 「桜香るあんぱん 5個入」:130円
 桜色になるように食紅で色付けた国産の桜葉入りの桜餡を、口あたりの良いパン生地で包んた。

 ・3月5日発売商品
 昭和8年(1933年)創業の「八天堂」とコラボした人気のカスタードと苺クリームぱんをイメージして苺ソースをトッピングした「かすたーど苺ロールケーキ(210円)」と、人気のクリームパンをイメージして苺を1個入れた「かすたーど苺大福(185円)」。苺のスポンジ生地に苺ミルクムースと苺ジュレを置いて苺クリームを上から絞った苺づくしの「濃苺(こい)モンブラン(295円)」。

 ・3月12日・19日発売
 その他、3月12日より、よもぎを使った「よもぎ香る草餅(つぶあん)(150円)」と、桜ゼリーにアイスミルクを注いで飲む「MACHI café 桜ゼリーラテ(260円)」を、19日より、「八天堂」監修の苺を3.5粒挟んだ「かすたーど苺(320円)」、苺の他に色々なフルーツをサンドした「かすたーどミックスフルーツ(350円)」の4品を発売する。

■コンビニ各社の春のスイーツ販売

 コンビニ各社では、3月の花見や春の彼岸に合わせ、ひと足早くセブンイレブンが5日より、桜や抹茶などの春らしさを感じる桜餅や生どらなどの4品を用意した「春スイーツフェア」を開催中だ。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションローソン

広告