Amazon、2030年までに全出荷の50%で「ゼロカーボン」化へ

2019年2月22日 23:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Amazon.comが、2030年までに全出荷の50%で二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボン」を目指すという(CNET JapanSlashdotAmazon公式ブログ)。

 この試みは「Shipment Zero」と名付けられている。Amazonはすでに電気自動車での配送やバイオ燃料の利用、再利用できるパッケージの使用、再生可能エネルギーの利用といった試みを行なっており、これをさらに発展させる方針だという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | ビジネス

 関連ストーリー:
EU、トラックのCO2排出量を2030年までに30%削減へ 2019年02月22日
Amazon.com、電動トラックメーカーRivianに7億ドルを出資 2019年02月20日
Amazon.comの「第2本社」建設計画、地元の反対を受けて中止に 2019年02月19日
世界各都市で広まる公共交通機関EV化 2018年12月19日
温室効果ガスの大部分は少ない数の企業から排出されている 2018年11月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード電気自動車Amazon

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース