「コロナ サンセッツ フェスティバル 2019」夕陽がバックの音楽フェス、沖縄のビーチで

2019年2月16日 12:41

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 コロナ・エキストラが手掛けるリゾートビーチフェスティバル「コロナ サンセッツ フェスティバル 2019(CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019)」が、2019年7月13日(土)・14日(日)に、沖縄のビーチ・美らSUNビーチ野外音楽特設ステージにて開催される。

 2014年にスペイン・イビザでスタートした「コロナ サンセッツ フェスティバル」。ビーチという開放感溢れるロケーションの中、水着で海に入ったり、そのまま砂浜に座ったり寝そべったりと、自由なスタイルで音楽を堪能することができると人気を博している。

 会場となる「美らSUNビーチ」は、沖縄でも有数のサンセットビーチ。冷たいコロナを片手に、ハンモックやビーチベッドに寝転んで、夕陽を眺めるのもおすすめだ。

 2018年は、2日間で16,000人と、過去最大人数を動員。海外からはHot ChipやTuxedo、国内からは平井大、水曜日のカンパネラ、Nulbarichなど総勢22組のアーティストが出演した。

 2019年も国内外からアーティストやDJ達が多数参加予定。どのようなアーティストが出演し、会場を盛り上げてくれるのか、期待が高まる。

【詳細】
コロナ サンセッツ フェスティバル 2019(CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019)
日程:2019年7月13日(土)・14日(日)
会場:美らSUNビーチ野外音楽特設ステージ(沖縄県豊見城市字豊崎5-1)
時間:13:00~
来場予定人数:15,000人(各日7,500人)
年齢制限:20歳未満入場禁止
※入場時に顔写真付きの身分証明書(免許/パスポート/外国人登録証明書)の提示が必要
チケット:超早割先行チケット 6,500円(2日通し券)
チケット購入:http://corona-sunsets.jp

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード沖縄県

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース