Google、米国でオフィスやデータセンターを複数開設 130億ドルを投資へ

2019年2月15日 23:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

yamajun88曰く、 Googleは昨年データセンターやオフィスに約90億ドルを投資したが、今年はそれを上回る計130億ドルを投資するという(TechCrunchITmediaロイター)。全米各地に新たに10のオフィスとと6つのデータセンターを作るという。

 これによって新たに数万人の従業員を雇用し、建設業で1万人の雇用を創出するとしている。

 個人的には、この投資が雇用だけでなく演算素子や記憶媒体等のハード面の需要を創出するのは世界経済的に好ましいと思う一方で、世界中の個人や企業のドキュメントが蓄積されていると思われるデータセンターがますます巨大化することで、新たなテロリズムの格好の標的にならないかどうか心配である。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google

 関連ストーリー:
中国、シリコンバレーでの影響力を強める 2018年10月12日
Google、次の10億人に到達するため KaiOSに2,200万ドルを投資 2018年07月01日
Google、再生可能エネルギーのみでの運営を100%達成 2017年10月18日
Google Japan本社オフィスで火事、六本木ヒルズのエレベーターが一時止まる 2015年11月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース