Baiduのエンジニア、AIを用いた野良猫シェルターを製作

2019年2月15日 08:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 猫を愛するBaiduのエンジニアがAIを用い、猫が近付いた時だけ扉を開ける野良猫シェルターを製作したそうだ(MashableThe VergeBaiduのブログ記事BaiduのWeChat記事動画)。

 中国に住む4,000万匹以上の野良猫のうち、寒く餌不足に陥る冬を越せるのは40%に過ぎないという。ボランティアなどによる餌やりも行われているが、北京などでは飲み水が凍り、餌を入れた食器を誰かが持ち去ってしまうこともある。

 AI野良猫シェルターを製作したBaiduの晩兮氏もボランティアの一人。冬を越せない野良猫が多いことを知り、先輩ボランティアの助言を得ながら製作したという。AIモデルはBaiduのEasyDL(EZDL)プラットフォームで構築され、174品種の猫を認識できるほか、感染症や負傷、去勢手術済みを示す耳先のカットの有無を判定できるとのこと。

 これにより、猫が入り口に近付くだけで扉が開く一方、他の動物は出入りできない。シェルター内は約27℃に維持され、餌や飲み水はボランティアが補給する。病気や負傷した猫を検出した場合、ボランティアに連絡され、適切な処置が行われるとのことだ。なお、シェルター自体に盗難防止装置が搭載されているかどうかについては記載がない。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 人工知能 | idle | 中国

 関連ストーリー:
在英エクアドル大使館がジュリアン・アサンジ氏に出した館内での行動に関する指令書(猫の世話含む) 2018年10月20日
東レが猫の腎臓病治療薬を開発 2017年01月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国人工知能(AI)Baidu

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース