LibreOffice 6.2リリース、MS Officeのリボン風ツールバーが正式機能に

2019年2月12日 23:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2月7日、フリーのオフィススイートLibreOffice 6.2がリリースされた(窓の杜LibreOfficeの発表OSDN Magazine)。

 本バージョンではMicrosoft Officeの「リボンUI」風ツールバー「NotebookBar」が正式な機能となった。設定画面で変更することで従来のツールバーも利用可能になっている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | IT

 関連ストーリー:
国税庁が公開する「医療費集計フォーム」がxlsx形式になり、LibreOfficeでも動作確認済みに 2019年01月29日
イタリア・ローマ市、OfficeアプリケーションのLibreOffice移行を本格的に開始 2018年08月04日
LibreOfficeがMicrosoft Storeに登場、ただし…… 2018年07月26日
LibreOffice、MS Office風のツールバーを含む新UIを発表 2016年12月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftLibreOfficeOffice

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース