オンコリスバイオファーマ 18年12月期は売上高1.68億円、がんのウイルス療法やがん検査薬の研究開発・事業活動推進

2019年2月12日 14:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:09JST オンコリスバイオファーマ---18年12月期は売上高1.68億円、がんのウイルス療法やがん検査薬の研究開発・事業活動推進
オンコリスバイオファーマ<4588>は8日、2018年12月期決算を発表した。売上高が前期比26.4%減の1.68億円、営業損失が12.47億円(前年同期は10.78億円の損失)、経常損失が12.30億円(同10.87億円の損失)、当期純損失が12.33億円(同10.90億円の損失)となった。

医薬品事業の売上高は1.52億円(前期は売上高1.96億円)、営業損失4.84億円(前期は4.38億円の損失)となった。台湾のメディジェン社からのテロメライシンの開発に応じた開発協力金収入等を受領した。

検査事業の売上高は0.15億円(前期は売上高0.32億円)、営業損失は1.69億円(前期は1.03億円の損失)となった。米国ディサイフィラ社へのテロメスキャン販売収入等を計上した。また、テロメスキャンの韓国エリアの権利を許諾した韓国ウォニックキューブ社や北米エリアの権利を許諾した米国Liquid Biotech USA, Inc.からライセンス契約に基づく収入を得た。

2019年12月期通期については、現時点では業績に与える未確定な要素が多いことから、業績予想については適性かつ合理的な数値の算出が困難な状況で、予想の公表を控えるとしている。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース