東洋合成 ストップ高、19年3月期第3四半期の営業利益35.4%増、進捗率96.8%/新興市場スナップショット

2019年2月12日 13:54

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:54JST <4970> 東洋合成 1107 +150
ストップ高。19年3月期第3四半期累計(18年4-12月)の営業利益を前年同期比35.4%増の13.55億円と発表している。感光性材料事業で半導体向け感光性材料やナフトキノン系感光性材料などが好調だった。KrF、ArF露光向け材料や新規EUV世代向け感光性材料も順調だった。通期予想は前期比7.6%増の14.00億円で据え置いた。進捗率は96.8%に達しており、上方修正を期待した投資家が買いを入れている。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース