オンコリス 急騰で昨年来高値、18年12月期の営業損益は12億円の赤字、発行可能株式総数増加で思惑/新興市場スナップショット

2019年2月12日 13:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:08JST <4588> オンコリス 1552 +278
急騰で昨年来高値。18年12月期の営業損益を12.47億円の赤字(前期実績10.78億円の赤字)と発表している。医薬品事業、検査事業ともに低調で減益幅が拡大した。19年12月期予想は業績に与える未確定な要素が多いとして公表していない。また、定款を変更し、発行可能株式総数を0.2億株から0.3億株に増やす。財務調達に加え、ビジネスの選択肢を増やすことも目的。資本政策などの変更を見越した向きが思惑から買いを入れているようだ。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース