オンコリス 急騰で昨年来高値、18年12月期の営業損益は12億円の赤字、発行可能株式総数増加で思惑/新興市場スナップショット

2019年2月12日 13:08

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:08JST <4588> オンコリス 1552 +278
急騰で昨年来高値。18年12月期の営業損益を12.47億円の赤字(前期実績10.78億円の赤字)と発表している。医薬品事業、検査事業ともに低調で減益幅が拡大した。19年12月期予想は業績に与える未確定な要素が多いとして公表していない。また、定款を変更し、発行可能株式総数を0.2億株から0.3億株に増やす。財務調達に加え、ビジネスの選択肢を増やすことも目的。資本政策などの変更を見越した向きが思惑から買いを入れているようだ。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース