日本アクアがストップ高、業績給回復と増配に加えレオパレス21も思惑視

2019年2月12日 12:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■発泡断熱材を手掛けレオ21のアパート施工不良問題も連想

 日本アクア<1429>(東1)は2月11日の前場、一時ストップ高の501円(80円高)まで上げ、前引けも16%高の489円(69円高)と急伸した。前週末取引日(8日)に2018年12月期の決算を発表し、今期・19年12月期の見通しを営業、経常、純利益とも前期比8割増の急回復とし、配当(期末のみ)も1株当たり2円増の12円の増配としたため注目集中となった。

 また、同社は発泡断熱材「アクアフォーム」などを手掛けるため、アパート1324棟に施工不良問題が発生したと発表済みのレオパレス21<8848>(東1)を連想して思惑買いを入れる動きもあるようだ。レオパレス21は朝から売り気配のままストップ安の335円(80円安)に張り付き、2日連続ストップ安となっている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング