東京為替:ドル・円は伸び悩み、米長期金利は持ち直し

2019年2月11日 16:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:17JST 東京為替:ドル・円は伸び悩み、米長期金利は持ち直し
 11日午後の東京市場でドル・円は心理的節目の110円付近で売り買いが交錯。米10年債利回りが動き出し、2.63%台を回復し、ややドル買いに振れたもよう。しかし、米株式先物はマイナス圏推移で、米10年債利回りの一段の上昇は見込めず、ドル買いは進めにくい状況。また、ユーロ・ドルの底堅い基調もドルの重しとなっているもよう。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円78銭から110円01銭。ユーロ・円は124円27銭から124円59銭、ユーロ・ドルは1.1315ドルから1.1330ドルで推移。《KK》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース