音楽フェス「EDC JAPAN 2019」千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園で開催

2019年2月11日 13:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ダンスミュージックフェスティバル「EDC JAPAN 2019」が、2019年5月11日(土)・12日(日)の2日間、千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場にて開催される。

 北中米を中心に各国で開催、通年の動員数は100万人と世界トップクラスの規模を誇る「EDC」。会場に設置される遊園地のようなアトラクション、ド派手な花火、コスチュームに身を包んだパフォーマーなど、単なる音楽イベントの枠を超えた演出が楽しめる、ダンスミュージックの祭典だ。

 日本では3度目の開催となる今回は、カリフォルニア州フォンタナで開催されている、ヒップホップとベースミュージックに特化した「ハード サマー ミュージック フェスティバル(HARD Summer Music Festival)」を主催する「ハード(HARD)」、LAを中心に数多くのテクノ・ハウス系イベントを手がける「ファクトリー 93(fatory 93)」とタッグ。

 それぞれのチームが各ステージを監修することで、EDMに限らず幅広いジャンルから豪華アーティスト達が集結する、これまでより更に多様性を楽しめるフェスへとパワーアップして帰って来る。

【開催概要】
「EDC JAPAN 2019」
開催日:2019年5月11日(土)・12日(日)
会場:ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園EDC特設会場

 <チケット>

■先行先着割引チケット

販売期間:2018年12月1日(土) 12:00〜 ※売り切れ次第終了
・GA 2日通し券 Tier 1 チケット 18,000円
・VIP 2日通し券 Tier 1 チケット 49,000円
※チケット詳細はイベント公式WEBサイト(https://japan.electricdaisycarnival.com/)より。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース