「アイラブアイルランド・フェスティバル 2019」代々木公園で

2019年2月10日 16:25

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「アイラブアイルランド・フェスティバル 2019」が、2019年3月16日(土)・17日(日)の2日間、東京・代々木公園で開催される。

 アイルランドの祝祭である「セントパトリックスデー」にちなんで、毎年3月に開催されている「アイラブアイルランド・フェスティバル」。会場では、黒ビールを代表するギネス誕生の地としても知られる、アイルランドのビールや、シチューやマッシュポテト&ソーセージ、スイーツといった本場アイリッシュグルメが楽しめる。

 また、3月17日(日)には、「セントパトリックスデー」を記念したパレードが表参道で開催。アイルランドのシンボルカラーである緑色に染まった約1,500名以上が参加するセントパトリックスデー パレードは、アジア最大級だ。

【開催概要】
「アイラブアイルランド・フェスティバル 2019」
開催日:2019年3月16日(土)・17日(日)
時間:10:00〜18:00
会場:代々木公園B地区イベント広場(フェスティバル会場)

■セントパトリックスデー パレード

開催日時:3月17日(日)
時間:13:00〜
会場:表参道

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアイルランド代々木公園

広告

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース