カプセルに入っていないカプセルトイ、「EXCEED MODEL GUNDAM HEAD 1」発売

2019年2月8日 21:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する「ザク」の頭部再現モデル「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」は「カプセルに入っていないカプセルトイ」として話題となり、累計180万個も出荷するヒット商品になったそうだ。すでに複数のバージョンが展開され、台座やカスタム用パーツといった関連商品も展開されているが、、このたびついに同様のスタイルで「ガンダム」の頭部を再現した「EXCEED MODEL GUNDAM HEAD 1」が発売される。

 「EXCEED MODEL」シリーズは、いわゆる「ガチャガチャ」などと呼ばれる、カプセルに入った形で玩具を販売する自動販売機(カプセル自動販売機)で販売される商品。一般的なカプセルトイとは異なり、カプセルを使用しないことでより大きなサイズを実現しているのが特徴。ただ、カプセルを使用しないためにその開発作業は大変だったようだ(ITmediaによる開発者インタビュー)。

 ガンダムの頭部は第1弾となったザクの頭部よりも複雑な形状をしているため、ザクとは異なる方針で開発を進めていたそうだ。その際に課題となったのは大きさとコストだという。特にコスト面では、販売価格500円という制約があったためギリギリになっており、初回出荷分しか売れなかったら採算は厳し胃というレベルになっているそうだ。また、最終段階でカプセル自販機から出てこない場合があることが判明するといったトラブルもあったという。

 スラドのコメントを読む | ガンダム | おもちゃ

 関連ストーリー:
バンダイ社員、ガンダムの建造費を水増し発注し横領 2019年01月18日
「有馬戦士ガンダム」企画がスタート 2018年12月17日
バンダイがネット経由でガシャポンを回せる「ネットdeカプセル」を開始へ 2015年06月16日
「筒状のカプセル」を使った新型ガシャポン 2014年05月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード機動戦士ガンダム

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース