国際 RSS

 

ロシアが開発進めるICBM、核弾頭搭載すれば10発でアメリカを殲滅か

2019年2月8日 13:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米国が中距離核戦力全廃条約(INF)から離脱し、ロシアが履行を停止したことで、INFは事実上機能しなくなった。そんな中、ロシアは米国のミサイル防衛(MD)網を突破できるとされる大陸間弾道弾(ICBM)「RS-28サルマート」(別名サタン2)の開発を進めているそうだ(読売新聞)。

 サルマートの射程は1万1000km以上で核弾頭も搭載可能。さらにミサイル防衛網をかいくぐることもできるという。もし核弾頭をフルに積んだサルマートが人口密集地域に落とされた場合、単純計算で最大3750万人を殺害できるという。これは、10発で米国の全人口を全滅させられるレベルだそうだ。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
米国、中距離核戦力全廃条約の破棄を宣言 2019年02月03日
米、「低出力核弾頭」の製造を開始 2019年02月01日
ロシア、核搭載できる原子力推進水中ドローンの海中実験を開始 2019年01月02日
ロシア軍、2018年に「ターミネーター2」を導入へ 2017年10月03日
米軍が初というICBM迎撃実験に成功 2017年05月31日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカロシア

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース