日本動物高度医療センター 3Qは2ケタ増収増益、総診療数・手術数が増加

2019年2月8日 11:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:01JST 日本動物高度医療センター---3Qは2ケタ増収増益、総診療数・手術数が増加
日本動物高度医療センター<6039>は7日、2019年3月期第3四半期(2018年4月-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比14.3%増の19.24億円、営業利益が同34.0%増の3.14億円、経常利益が同47.2%増の3.21億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同60.8%増の2.60億円となった。

同社グループは、動物医療業界において、飼い主のかかりつけ動物病院(一次診療施設)と連携して高度医療への取り組みを続け、同社グループ内の診療実績を発表するための学会報告や、獣医師向けセミナー開催を積極的に行うことで、動物医療業界での信頼の獲得、認知度の向上と、それに伴う紹介症例数の増加に努めた。首都圏東部・北部のエリアをカバーする第3の診療施設として18年1月に東京都足立区に開院した東京病院も順調に推移しており、全体として初診数(新規に受け入れた症例数)は4,505件(前年同期比24.1%増)、総診療数(初診数と再診数の合計)は17,836件(前年同期比15.3%増)、手術数は1,333件(前年同期比14.1%増)となった。

2019年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比13.3%増の25.60億円、営業利益が同25.0%増の3.50億円、経常利益が同32.8%増の3.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同37.0%増の2.85億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース