NY原油:反落で52.64ドル、米中貿易協議進展に対する懐疑的な見方が浮上

2019年2月8日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:35JST NY原油:反落で52.64ドル、米中貿易協議進展に対する懐疑的な見方が浮上
NY原油先物3月限は反落(NYMEX原油3月限終値:52.64 ↓1.37)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比−1.37ドルの52.64ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて一時51.80ドルまで売られた。米中貿易協議の進展に対する懐疑的な見方が浮上したことや、米国株安を嫌気してポジション調整的な売りが入った。通常取引終了後に原油先物相場はやや持ち直したが、上値の重さは払拭されていないようだ。《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース