気象庁のスパコン、冷却装置の不具合で3時間半にわたって障害発生

2019年2月8日 00:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2月5日8時56分ごろ、気象庁のスーパーコンピュータで障害が発生した(気象庁の発表)。これによって気象事業者や航空関係機関向けの数値予報資料の配信に影響が出たとのこと。障害は12時27分ごろに復旧した(続報)。冷却装置の停止が原因だという(ITmedia)。

 このスーパーコンピュータは2018年6月に運用が開始されたもの日経xTECHによると、このシステムは米Cray製で日立製作所が納入していたもの。

 気象庁では2013年にも冷却装置の故障によるシステム障害が発生していた(過去記事)。

 スラドのコメントを読む | スパコン | 日本

 関連ストーリー:
異常気象予測に向けた「スポッター」、日本でも導入へ 2014年02月27日
気象庁のスーパーコンピュータに不具合、警報・注意報、天気予報、地震・津波情報には影響なし 2013年02月06日
天気6ヵ月予報の精度アップ 2003年09月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード日立製作所スーパーコンピュータ

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース