Raspberry Pi、産業分野向け新モデル「Compute Module 3+」を発表

2019年2月1日 15:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 Raspberry Piの産業向けモデル「Compute Module 3+」が発表された(VentureBeattheINQUIRERSlashdot)。

 DDR2 SODIMMと同じ形状をした基板上にSoCやメモリなどを搭載したモデルとなる。既存製品であるComputer Module 3の後継モデルに当たり、フォームファクタ、電気的互換性、価格を維持しつつ機能を向上させている。CM3+には、ストレージを内蔵していない「Lite」、および8GB、16GB、32GBのeMMCフラッシュストレージを搭載した4種類のバリエーションが用意されている。価格はLiteが25ドル、8GB版が30ドル、16GB版が35ドル、32GB版は40ドル。

 CM3+は2台のカメラと2台のディスプレイを接続可能で、さらに追加のGPIOをサポートしているなど多くのインターフェースを持つ。プロセッサは昨年登場したRaspberry Pi 3B+と同じくBroadcomのBCM2837B0だが、電源の制限から動作クロックは、3B+で使用されている1.4GHz版ではなく、1.2GHz版に落とされているという。メモリは1GBのLPDDR2 RAMを搭載、動作可能な環境温度は-20℃〜70℃とのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
Intel Quarkプロセッサ、EOLに 2019年01月23日
Raspberry Pi 3 Model B+発表 2018年03月16日
Google、段ボール筐体のスマートカメラ作成キット「Vision Kit」を発表 2017年12月06日
Raspberry Piを6Uサイズに150台マウントできるサーバー 2017年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。