28日の中国本土市場概況:上海総合0.2%安で4日ぶり反落、統計内容の不振が重し

2019年1月28日 17:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:06JST 28日の中国本土市場概況:上海総合0.2%安で4日ぶり反落、統計内容の不振が重し
週明け28日の中国本土市場は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比4.75ポイント(0.18%)安の2596.98ポイント4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、5.00ポイント(0.18%)安の2719.50ポイントで取引を終えている。

取引時間中に発表された中国統計内容の不振が重し。全国工業企業の利益総額は2018年12月、前年同月比1.9%減の6808億3000万人民元(約11兆267億円)に縮小した。約3年ぶりに前年実績を下回った前月(1.8%減)に比べ、さらに減少ペースが加速している。指標の公表後、指数は上げ幅を縮小し、中盤からマイナスに転じた。もっとも、大きく売り込む動きはみられない。中国の政策期待が引き続き相場の支え。国内経済の鈍化懸念がくすぶるなか、当局は景気テコ入れ策を相次いで打ち出している。

業種別では、医薬品の下げが目立つ。江蘇恒瑞医薬(600276/SH)が7.1%安、康美薬業(600518/SH)が5.8%安で引けた。鉄鋼株も安い。宝山鋼鉄(600019/SH)が1.4%下落した。消費関連株や自動車株、ハイテク株などもさえない。銀行株も中盤から値下がりした。

半面、石炭株はしっかり。中国神華能源(601088/SH)が1.8%上昇した。発電株と不動産株の一角も物色されている。


外貨建てB株の相場は値上がり。上海B株指数が0.40ポイント(0.14%)高の275.99ポイント、深センB株指数が3.15ポイント(0.36%)高の870.23ポイントで終了した。

【亜州IR】《FA》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース