ポール・スミス、2019年秋冬メンズコレクション発表

2019年1月24日 08:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ポール・スミス(Paul Smith) 2019年秋冬メンズコレクションが、2019年1月20日(日)にフランス・パリで開催された。

■エネルギッシュなカラーで遊ぶ

 ハッと目を惹く真っ赤なロングジャケットがショーの始まりとなった今季。ランウェイの上には、ネイビー、オレンジ、ピンク、イエロー…と、弾けるような明るいカラーで溢れていく。やや肩が拡張されたテーラードジャケットは、カラフルな色彩をのせて、フレッシュでモダンなワードローブへとアップデートされている。

■ミリタリーな雰囲気をミックス

 コレクション全体を通して感じられるのは、異なるテイストのミックス。その1つとして挙げられるのは、ミリタリーの要素である。フライトキャップを連想させるエコファーのヘッドウェアや、パラシュートパンツのようなゆったりとしたボトムスが登場。またブラックのジャケットには、イエローに彩られたポップなバックルがあしらわれている。

■時にはパンキッシュに

 そしてもう1つのテイストとして感じられたのは、パンキッシュなムード。チェック柄やレザーで仕上げた細身のパンツには、ハードなジップを張り巡らせて。またモデルの足元には、エッジのきいたレザーシューズを組合せている。

■華を添えるグラフィック

 コレクションでひと際目立ったのは、花々を散りばめたグラフィック。特にブラックをベースにしたセットアップの上では、その鮮やかな色彩が強調され、観る者を魅了する瑞々しい色彩を放っていた。

■遊び心溢れるアニマル模様

 イエロー、レッドといったカラフルな色彩をのせた、アニマル模様のグラフィックは、レザージャケットやシャツなどに登場。ストライプ柄のフォーマルなジャケットには、そのライニングにブルーのレオパード柄があしらわれている。ジャケットの裾がひるがえる際に、時折顔を出すそのグラフィックからは、大人の遊び心を感じられる。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードポール・スミス(Paul Smith)パリ2019年秋冬コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース