Y-3、2019-20年秋冬メンズコレクション発表 アイデンティティを象徴する記号

2019年1月24日 08:55

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 Y-3(ワイスリー)は、2019-20年秋冬メンズコレクションを、2019年1月20日(日)にフランス・パリで発表した。

■Y-3を象徴する記号とは

 「ICON MEETS ICON」と銘打たれた今シーズン。ファーストルックとして登場したのは、スリーストライプスを大胆にフロントに配した、流れるようなシルエットのロングコートだ。深みのあるブラックに伸びる白い3本線は、ハリ感のある服地の流れに沿って波打ち、既存のシンボリックな意味合いとは少し異なる表情を見せる。パーカーの袖から身体を横断するようにあしらわれたスリーストライプスも同様に記号化され、線の織り成す形は真新しさをもって私たちの眼前に現れた。

 思えばそれは、アディダス・ヨウジヤマモト両ブランドの要素を持ちながら、その2つとは異なる存在の“Y-3であること”の象徴かもしれない。今回多用されたロゴ使いをとってみてもそうだ。アディダスとヨウジヤマモト、ワイスリー。3ブランドのネームを並べたプルオーバーやストールは、2つのアイデンティティが融合したことで生み出された、第3のアイデンティティを象徴するかのようだ。

 また、その他にも、“YOHJI”の文字をフロントにあしらったベースボールシャツやスタジアムジャンパー、Y-3を1文字ずつに解体し組み合わせたロゴを背中に配したカラフルなジャケットなど、大胆なロゴ使いが目に留まった。

■メリハリのあるレイヤードスタイル

 コレクション全体を通じて、レイヤードで作るスタイリングが印象的だ。コンパクトな丈のジャケットの下に、あえて丈の長いパーカーを重ね着し、シルエットに緩急を作り出す。フードも2着分被ると、ボリューム感のあるユニークなルックスに。組み合わせたカーゴパンツは、軽やかな素材ならではのしなやかさでモードなシルエットを実現し、アクティブで洗練された雰囲気を演出する。

 また、個性的なフォルムのバッグも含めたトータルバランスにも注目。小ぶりな白のクロスボディバッグは、分量感のある中綿入りコートの、広がりのあるフォルムを抑えることなく自然に身体にフィットしていく。黒地に鮮やかな花を描いたオールインワンには、同じ柄のダイナミックな形のショルダーバッグを組み合わせることで、コーディネートにアクセントを加えるとともに、全体の統一感も生み出している。

■未来的なデザインのスニーカー

 スニーカーは、シューレースシステムを覆うような、構築的なデザインのモデルが登場。ロゴ以外の部分を全てレッドもしくはブラックにカラーリングすることで、未来的でユニークなフォルムが際立っている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードヨウジヤマモトY-3(ワイスリー)パリ2019年秋冬コレクション

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース