有楽町マルイに期間限定「バレンタインデーチョコレートショップ」がオープン

2019年1月22日 22:11

小

中

大

印刷

■有楽町マルイの「バレンタインデーチョコレートショップ」

 有楽町マルイでは1階エントランス&カレンダリウムにて「バレンタインデーチョコレートショップ」をオープン。「辻利」や「ピエール・エルメ・パリ」など人気の7ショップが揃い、バレンタイン向けの商品を販売する。また同じフロアにある「リンツ ショコラブティック」でも、リンドールミルクやトリュフチョコレートなどをバレンタインパッケージで販売。期間は1月25日から2月14日までとなっている(価格はすべて税込)。

【こちらも】西武池袋本店「チョコレートパラダイス2019」 約120ブランド

■人気のショップが販売するバレンタインのオススメ商品

・辻利
 「抹茶くらべ」:6個入り1,944円
 茶を挽きあげる石臼の形をモチーフにしたタブレット型チョコレート。宇治抹茶とチョコレートの味わいを抹茶の濃度別に食べられる。ミルクのコクが味わえる1%、抹茶とミルクのバランスの違いが楽しめる3%・5%・7%、抹茶のほろ苦さが特長の10%、そしてさくら苺を加えた6フレーバーが用意されている。

 「辻利物語」:5個入り2,052円
 3種類のガナッシュが詰め合わせになった大人向けメニュー。玉露ならではのふくよかな旨みが感じられ「玉露大門」、凝縮した旨みと品の良いキレを備えた茶道のお手前にも使われる高級宇治抹茶「抹茶豊昔」、ほろ苦い宇治抹茶と鼻から抜ける香り高いシャンパンのコンビネーション「抹茶シャンパーニュ」が詰まっている。

・ピエール・エルメ・パリ
 「ボンボンショコラ」:8個入り3,402円
 季節限定のかわいいイラストが入った「イスパハン」「モガドール」のボンボンショコラ。日本では数年ぶりの登場となるゴマの入ったショコラ「ウーヴル トワ」。ショコラとマカロンが融合した「ショコラ オ マカロン」など全部で8種類の個性的なショコラが楽しめる限定ボックスの詰め合わせ。

 「マカロン」:6個入り2,700円
 パッションフルーツ、ピスタチオ、フランボワーズ、バニラなど独創的なガナッシュをサンドしたカラフルなマカロン。限定デザインボックス入り。

・ドゥバイヨル
 「パピーユ エ パピヨン」:9個入り3,888円
 マダガスカルに多く生息するPapillons(蝶々)とPapilles(蕾)をモチーフに、情熱の豊かさを表現したバレンタイン限定コレクション。マダガスカル産のカカオやバニラビーンズ、柑橘系の爽やかな味わいのカラマンシーなどを使用したバラエティ豊かなチョコを楽しめる。

 「エスペリ フリアンディス」:12個入り3,240円
 ナッツやドライフルーツ、柑橘のピールなどを使用したユニークな食感のフリアンディスの詰め合わせ。大人向けパッケージで落ち着いた雰囲気の商品。

 このほかにも「ピエールマルコリーニ」「デメル」「ルシャトー」「デジレー」などのショップが入る。

■大人向けのメニューが楽しめる

 この「バレンタインデーチョコレートショップ」では、カカオのほろ苦さや抹茶の旨み、ナッツの香ばしさなど大人向けのメニューが楽しめる。大切な人へのプレゼントとしてはもちろん、自分へのご褒美やちょっとした手土産などにも活躍しそうなアイテムが揃っている。(記事:Natsuki・記事一覧を見る

関連キーワードチョコレートバレンタイン

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース