ライフ RSS

 

「反ワクチン運動」が世界の健康に対する脅威ワースト10入り

2019年1月22日 09:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 世界保健機構(WHO)が「世界の健康に対する10の脅威」を発表した

 ここで挙げられているのは次の10個。

 大気汚染と気候変動 
 糖尿病やがん、心臓疾患などの非伝染性疾患 
 世界的なインフルエンザパンデミック 
 非健康的な居住環境 
 抗菌剤耐性 
 エボラ熱など脅威度が高い病原菌 
 一次医療(いわゆる総合診療)の不足 
 ワクチンへの反発 
 デング熱 
 HIV 最近では日本でも子宮頸がんワクチンに関する話題があったため、この中でも、「ワクチンへの反発」については日本メディアも注目している(ハフィントンポストマイナビニュース子宮頸がんワクチンの安全性を訴えている村中璃子医師によるnote記事)。

 WHOによると、ワクチンで助けられている命は年間200~300万人にも上り、ワクチン接種率が上昇すれば150万人の命が助かるという。しかし、昨今では日本だけでなく海外でも反ワクチン運動が広まっているようだ。こういった活動の影響で、麻疹のように一度撲滅された病気が再発生する事態も発生している。

 こういった背景から「反ワクチン運動」をWHOが取り上げる結果になったという。なお村中医師によると、WHOは2019年、「反子宮頸がんワクチン運動対策」を重点項目において子宮頸がんの撲滅を目指していくという。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
新三種混合ワクチンは有害と主張する告発映画、監督への疑義により配給元が公開中止を決定 2018年11月09日
ヨーロッパで麻疹(はしか)が流行、一方でイタリアではワクチン接種義務が後退 2018年09月14日
子宮頸がんワクチンに深刻な副作用があるとの論文、研究手法が不適切として撤回に 2018年05月15日
名古屋市がうやむやにした子宮頸がんワクチン調査結果、論文誌で発表される 2018年03月05日
Nature誌など、子宮頸がんワクチンの安全性を訴えていた医師にジョン・マドックス賞を授与 2017年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード糖尿病HIV(ヒト免疫不全ウイルス)がん世界保健機関(WHO)

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース