国際 RSS

 

宗教上の兵役拒否者に、銃火器扱う戦闘ゲーム履歴で「良心」判断 韓国

2019年1月22日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 徴兵制を採用している韓国で、宗教的理由などで銃を持てないとして兵役を拒否する人達に対し、信仰を確認するための基準の1つに「重火器を扱うゲーム」の利用履歴を採用するそうだ(サンケイスポーツハフィントンポスト)。

 韓国では信仰などを理由に「良心的兵役拒否」を行った人達に対し、兵役法違反で罪を問う裁判が多く発生しているという。そのため昨年12月に10の判断指針が設けられたとのこと。実際、検察は裁判に向けて兵役拒否者のFPSゲームへのアクセスの有無を確認しており、もし宗教上の理由で兵役を拒否したにもかかわらずFPSゲームをプレイしていた場合、「良心の信憑性が認められない」と判断するという。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
米フロリダ州で開催されていたゲーム大会で銃乱射事件が発生、複数の死傷者が出る 2018年08月27日
2か月間過激なゲームをし続けても、人間は特別に暴力的になるということはないという調査結果 2018年03月22日
Steamで配信された「さまざまな神々が戦う格闘ゲーム」、マレーシアからはアクセス不能に 2017年09月12日
暴力ゲーム規制法案を作成したLeland Yeeカルフォルニア州議員、非合法組織とのつながりが発覚して逮捕される 2014年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国裁判

広告