長崎ー香港便が就航 長崎空港では31年ふりの国際線新設

2019年1月21日 21:41

小

中

大

印刷

 1月20日付長崎新聞によれば、格安航空会社(LCC)の香港エクスプレスが、長崎と香港を結ぶ初の定期路線を就航させ、19日に第1便が長崎空港に到着したとのことである。

【こちらも】福岡空港、4月に民営化 路線拡大目指す

 長崎空港発着の国際線は現在韓国・ソウルと中国・上海の2ルートのみで、今回の国際線就航は31年振りという。

 長崎―ソウル間はエアソウル(RS)が火・金・日の週3便。長崎―上海は中国東方航空(MU)が月・金の週2便運航している。香港エクスプレスは長崎発19:50、香港着22:05で火・木・土の週3便の運航となる。

 香港エクスプレス航空(UO)は2013年にLCCとして運航を開始、ハブ空港である香港国際空港からフライトを運航している。エアバスA320-200を10機保有し、全席エコノミークラスの座席を採用。現在日本・韓国・台湾・タイ・ベトナムの25都市に就航している。

 同社は2018年には410万人が利用し、平均搭乗率89.9%を記録しているとのことである。九州ではこれまで福岡・鹿児島・熊本に就航しており長崎は4カ所目になる。

 長崎空港は、長崎県大村市にある空港で、1975年5月1日に政令で定める空港(国管理空港)として開港された。大村湾の海岸から約2kmに浮かぶ箕島(みしま)全域を開発し、世界初の海上空港として開業された。

 対岸への騒音公害は皆無に近く、環境も申し分ない空港である。設置管理は国土交通省が行い、長崎空港ビルディングがターミナルビルの運営を行っている。

 2018年7月、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録された。この登録に伴い、長崎へは日本国内はもとより諸外国からさらに多くの観光客が訪れるものと予測されている。

 今回、香港からの初めての便は定員180名に対して176人の乗客であり、長崎に対する関心の高さを示すものだった。就航記念セレモニーにおいて長崎県の中村知事は「物産の輸出、物流の促進により県内産業活性化も期待できる」と述べた。(記事:kan1713・記事一覧を見る

関連キーワード長崎県格安航空会社(LCC)

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース