ロボット導入で話題だった「変なホテル」、半数以上のロボットをリストラ

2019年1月21日 16:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ロボットを活用して接客を行う長崎県の「変なホテル」が2015年に開業、スラドでも話題になったが、この「変なホテル」がロボットの「リストラ」を行なっている(AERAホテリエ)。海外でもこの話が話題になっているようだ(The RegisterニコニコニュースSlashdot)。

 同ホテルは2018年12月に「3期棟」がオープンしたが、ここで採用されたロボットはロボット掃除機だけだという。開業から3年以上が経って新たな技術が登場、「時代遅れ」になったロボットもあるためと理由が説明されているほか、ロボットによるトラブルも多く発生し、そのため逆に人間のスタッフの負担が増えたとの報道もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | ロボット

 関連ストーリー:
ローソン、「からあげクン」を自動調理する装置を開発 2018年12月12日
ソフトバンク、清掃ロボット「Whiz」を発表 2018年11月20日
人型ロボットPepper法人モデル、企業は契約の更改に消極的 2018年10月16日
ロボットに電源を切らないようお願いされたらどうする? 2018年08月05日
ハウステンボスに「変なホテル」開業へ 2015年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット長崎県

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース