個別銘柄戦略:マクロミルやアシックスに注目

2019年1月21日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:01JST 個別銘柄戦略:マクロミルやアシックスに注目
先週末18日の米国市場では、NYダウが336.25ドル高の24706.35と急伸し、ナスダック総合指数も72.77pt高の7157.23。シカゴ日経225先物は大阪比295円高の20925円。21日早朝の為替は1ドル=109円台後半と、先週末午後3時時点に比べて円安で推移している。本日は先週末の米株高に連動する形で寄り付きから全面高の展開が予想される。米中貿易摩擦が解決に向かうとの見方から、世界的にリスク・オンの傾向が強まっており、電子部品や自動車、海運、素材、情報通信、銀行など内需、外需を問わず幅広い業種で大型銘柄の値上がりが予想される。ただ、日銀による日経平均型ETF(上場投資信託)の購入枠減額の観測が流れており、ファーストリテ<9983>をはじめとする日経平均の高構成比銘柄は上値が重そうだ。一方、強気の投資判断が観測されたマクロミル<3978>、アシックス<7936>などに注目。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース