今日の為替市場ポイント:リスク回避の円買いは引き続き抑制も

2019年1月21日 08:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:28JST 今日の為替市場ポイント:リスク回避の円買いは引き続き抑制も
18日のドル・円相場は、東京市場では109円06銭から109円46銭まで上昇。欧米市場でドルは109円34銭から109円89銭まで一段高となり、109円77銭で取引を終えた。

本日21日のドル・円は、主に109円台後半で推移か。米政府機関の一部閉鎖は続いているものの、米中貿易協議進展への期待は持続しており、アジア市場でドルは109円台前半の水準を維持するとみられる。

中国国家統計局は18日、2017年の国内総生産(GDP)の伸び率を前年比+6.9%から+6.8%に下方修正すると発表した。同統計局が公表した資料によると2017年のGDPは、当初の発表値から6367億元引き下げ、82兆800億元となった。第2次産業(製造業と建設業)の伸びを6.1%から5.9%に修正し、情報技術サービスの伸びは4.2ポイント引き下げ、21.8%とした。

21日発表される昨年10−12月期の中国GDPは前年比+6.4%と予想されており、成長率はやや鈍化するとみられている。成長率の鈍化は織り込み済みだが、米国が中国からの輸入品に対する関税引き上げ(制裁措置の発動)を3月1日以降に実施した場合、中国のGDP成長率は前年比6%を下回る可能性があるとの見方が出ている。中国は減税の上積みや金融緩和などの景気対策を講じる見込みだが、中国経済の減速が世界経済に与える影響については予断を持てない状況が続くとみられる。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース