今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆主に124円台後半でもみ合う状態が続く見通し

2019年1月21日 08:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:30JST 今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆主に124円台後半でもみ合う状態が続く見通し
ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。リスク回避のユーロ売りは一巡しつつあり、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、目先的にユーロ・円は主に124円台後半でもみ合う状態が続くとみられる。

【ユーロ売り要因】
・米政府機関の再開期待
・ユーロ圏経済の成長鈍化懸念
・英国は合意なしのEU離脱を選択する可能性

【ユーロ買い要因】
・米中貿易協議の進展期待
・米政府機関の閉鎖
・英国は合意なしのEU離脱を回避する可能性《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース