中国、5G通信を介して遠隔手術を行う実験に成功

2019年1月18日 23:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 中国で、第5世代移動通信システム(5G)を使った遠隔手術装置の実験に世界で初めて成功したそうだ(UbergizmoYouTubeSlashdot)。

 実験では中国福建省南東部の医師が5Gの通信を経由して50km離れた遠隔地に設置されているロボット手術アームを制御。遠隔地の実験動物から肝臓を摘出することに成功した。医師と遠隔地のロボット間の遅延はわずか0.1秒ほどだという。研究者達は、高速通信が致命的な医学的ミスのリスクを減らせるとコメントしている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 医療

 関連ストーリー:
看護師が現場で調査し、そのデータを元に医師が志望診断を出すことを可能にする規制緩和 2017年07月06日
秘境でも病気の治療ができる「応急処置キット」 2017年04月25日
「泳ぐ」カプセル内視鏡が開発される 2009年07月06日
米仏間で遠隔ロボット手術が成功 2001年09月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国5G(第5世代移動通信システム)

広告